退路を断つ



その昔、誰かが言ってたっけ。

“今の世の中一歩外へ出たのなら

何が起こるか分からない。

家を出たところで事故に遭うかもしれないし

電車の中で倒れるかもしれない。

そして救急搬送とかされて

衣服を剥がれたその下にくたびれた下着なんかつけてた日にゃ

末代までの恥さらし。” とかなんとか。

確かにそういった事が、起こらないとも限らないし、

外出時に下着まで着替えて、って事はあまり無い、てか全然無い。

c0331864_21021151.jpeg
(今日は記事とは関係ない画像です、敢えて)

下着って捨て時が難しく(私にとっては)、

『穴が開いてるわけじゃなし』とか

『出先で服脱ぐわけも無いし』でかなりいい加減。

そこで、今引き出しに入っている下着を一掃して

総取っ替えしてみようと全て処分してみた。

引き出しは空っぽになり

なんか清々しい気分に。今身につけてるのしか無いぞー!

さぁ、必要最低限を買い揃えに行こう! と支度してたら

家人のお客様がみえて、やれお茶だ、コーヒーだと

接待してる間に、とっぷり日が暮れて買い物どころでは無くなり

今日着替えるものがないという最悪の事態に…。

c0331864_21035179.jpeg




# by kurasinootomo | 2019-03-22 21:42 | 断捨離 | Comments(0)

宅配便



過疎化の進んだ田舎に住まいしていると

通販はとても便利だし有難い。

そうして有り難く使っていると

配達の方とも顔なじみになったりして。

たまたま留守にして、ポストに入ってた

再配達の伝票を見ながら受話器を取ろうとしたと同時に

『ピンポーン♫』とチャイムが鳴り

「車が車庫にあったから帰ったはると思って」と荷物が届く。

あまりにもタイミングがいいもんだから

“どっかで待ちぶせしてたのか?”と訝ったりして。



その日も荷物が届く予定だったけど

出かける用事があったので時間指定をして出かけた。

帰宅するともう荷物が届いていて、家人が受け取ったそうな。

以下、その時の様子を。

「お荷物ですよー、居てはりますか〜?」

「はいはい、誰あての?」

「えーっと、奥さん宛てですね、ハンコください」

「えーっと、何これ?大きい箱だね」

c0331864_19173763.jpeg
「そうですなぁ、何ですやろ?」

「どこからかな?分からないの?」

「さぁ、何やらショップて書いてありますけどね、何処ですかね?」

「そこそこ重たいね、何だろう?」

「メイドインチャイナって書いてますよ」
c0331864_19172574.jpeg

「へぇ〜大したもんじゃないね、きっと」




余計なお世話だ、ヒマ人達め‼︎



# by kurasinootomo | 2019-03-21 21:07 | 日々の事 | Comments(0)

暇つぶし



本当は、潰さなきゃならないヒマなど無いはずなのに

暇つぶしと称する現実逃避。

洗濯機が“終了”の合図の調子っ外れのモーツアルトを

奏でる迄の20分間、とか

バーミキュラでご飯が炊き上がるまでの15分間、とか。

その間に出来る事、やらなきゃならない事は山ほどあるっちゅうのに。

そして困った事に、15分や20分では切り上げられない

意思の弱さもあり、『あ〜ぁ』な時間を過ごしてしまう。

だって、なんだかこのアプリ、よく出来ていて

c0331864_21463263.jpeg
ちょっと手こずる様な問題の後には

割と平易な問題が出てきたりして。

c0331864_21462199.jpeg
『ちょっとぉ〜、手を抜いてんじゃ無いの?』と

画面に向かって抗議して、

タイムもそこそこ良かったりすると

そこで止めればいいものを

「まだまだ、目指せ‼︎自己ベスト更新‼︎」と

羽生結弦のライバルは羽生結弦です、みたいな…(違うわっ‼︎)

そんなこんなで

ちょっと困ってます、最近…。

# by kurasinootomo | 2019-03-20 22:09 | ゲーム | Comments(0)

手間ひま



長きにわたって食事作りをしてきたけれど

正直なところあまりご飯作りは好きじゃない、というか上手じゃない。

毎日毎日何がしかのレシピを参考に、

ある時は首っぴきで料理を作ってきた。

だから、『クックパッド』はとてもありがたい。

そんなだから、“冷蔵庫の中の物でチャチャっと”とか

“あり合わせのものでパパッと”なんて尊敬に値する。

ある日は牛スジカレーを1日がかりで作り

家人にウケたので、スジ肉の下処理に始まり、

どれほど手間ひまかかっているかを語っていたら

家人は全く聞いてない。(シニア世代ってそんなもんですか?)

一生懸命やってるんだアピールなんて聞いちゃいない。

むしろ、「この肉は何処で買ってきたのか?」とか

「この刺身はいくら(how much?)」が気になるらしい。

そーかそーか、そーなんですね⁈

c0331864_21145499.jpeg
(お借りしてます画像)

「この卵サラダの卵って『輝』っていう高級卵なんだよー」

「桐の箱に入ってるんだから〜!」
c0331864_21144542.jpeg
(お借りしてます画像)

「へぇ〜、さすがにコクがあって美味い!」

なにがコクがある、だ!いつものスーパーの卵だよ。

「このウナギは四万十のうなぎなんだって」

「なんか身が締まってて美味いな」

さすがに中国産はあかんと思い、国内産ではありましたが。

あまりの家人のいい加減な食レポに呆れ、

近所ののスーパーの鶏で竜田揚げを供した時

「これ、石上神宮から失敬してきた烏骨鶏の唐揚げだよ」

「……」

c0331864_21554244.jpeg
(石上神宮の子ではありません画像)

ちょっと悪ノリが過ぎた……。







# by kurasinootomo | 2019-03-19 22:06 | 家事 | Comments(0)

彼岸の入り



此の所、急に信心深くなったのか?

はたまたお迎えが近いのか?


家人が、やたらお墓まいりだとか、先祖をどうとか言い出して

今日の『彼岸の入り』も朝からお花を買いに行き

午前の早い時間から

「墓参りに行くぞー!」というもんで

支度をして出掛けて行った。

c0331864_22132397.jpeg
ことの外、良い天気で、むこうの山までよく見えて

暖かくて良い天気。

一通り、草引きと、掃除をしてさてお参り、と思ったら

c0331864_22134538.jpeg
「これでちゃんと墓地をならすんだ!」

と言いながら


c0331864_22244436.jpeg

人がせっかく綺麗に掃き清めたたところを

ズカズカ踏み荒す家人。

“龍安寺の石庭みたいに” って言うから一生懸命やってるのに。

c0331864_10424114.jpeg



あ〜ぁ、それにしても良い天気だなぁ。

何処かへ出掛けたいな…。






# by kurasinootomo | 2019-03-18 22:31 | イベント | Comments(2)

日々の暮らしを楽しみながら


by kurasinootomo
プロフィールを見る
画像一覧