人気ブログランキング |

暮らしのおともに hibigurasi.exblog.jp

日々の暮らしを楽しみながら


by cedar
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:本( 11 )

電子書籍




雑誌を買わなくなってどのくらい経つのかな。


紙のゴミを増やしたくなくて


やめたものの、買い物に出た時などに


書籍売場へ吸い込まれたりする。


なんとか踏みとどまり、ふと、『電子版』でいいかな?


早速、試しに雑誌をダウンロード。


c0331864_16392934.jpeg


こんなの欲しいな、『応量器』って言うのかな?


究極の持たない生活が出来るかも。


c0331864_16535718.jpeg


全ページを見ると、文字が小さすぎて読めない。


c0331864_16555449.jpeg


だからといって本文を読もうとビローンとすると画像がみえなくなる。


39ページのチリトリがみたいと思って


c0331864_17025371.jpeg


どれだ?チリトリって?


小さくて分かんないよ、で、またビローン…


ダメだ‼︎面倒くさすぎる……⁉︎

by kurasinootomo | 2018-12-19 17:24 | | Comments(0)

ピーターラビット



好きで集めてた

『ピーターラビット』の本。

ミニブックの3冊セットの本がいくつかあったのに

ピーターラビットならぬ

飼っていたウサギに齧りまくられた。

c0331864_21322059.jpeg

この3冊は死守したので

なんとかご無事で。

『ピーターラビットの自然観察』

c0331864_21320991.jpeg
落ち着いたトーンで描かれた

植物がとてもステキ。

『ピーターラビットの庭仕事』も

実際の庭仕事は嫌いだけど

絵本で見るのはとてもすき。

『ピーターラビットのお料理』

c0331864_21315878.jpeg
見慣れない、聞き慣れない

レシピも眺めて想像するのも楽しい。

ピーターラビットといえば

c0331864_21314885.jpeg
やっぱりこれがテッパン

ピーターラビットの“サラダ”…。



by kurasinootomo | 2018-05-11 22:01 | | Comments(2)

美しい本



何度も繰り返し読むけれど

とても丁寧に、大切にページをめくる、そんな本。

お茶飲みながらとか、お菓子食べながらとか、

寝転がってとか、布団に潜り込みながらとか。

そんな失礼な事の出来ない本。

c0331864_20224143.jpeg
アノニマスタジオの本、

『キツネと星』

英国のペンギングループ出版の女性デザイナーの本。

大学でヴィクトリア期の印刷を学び

豪華な箔押しの『布装クラシックス』シリーズを

立ち上げ成功させた女性。

c0331864_20220719.jpeg
彼女の自著のこの本は勿論布装。

深海ブルーの布に白いイバラが押してある。

c0331864_20214167.jpeg
紙やインクにも拘ったという

オレンジ、ネイビー、ブラック、ホワイトの世界。

装丁はモチロン、お話の内容も

児童書とはいえ、とても深い。

c0331864_20212024.jpeg
最後まで読んで、本を閉じると

裏表紙がまたステキ。

寒〜い冬の夜、なぜか絵本でほっこり温まる…。

by kurasinootomo | 2018-02-12 20:56 | | Comments(0)

野菜畑のレシピ



わが家のファーマーの畑では

人参(金時と翔馬)やネギ、

ほうれん草が収穫期。

もう少しすると、

白菜、大根、黒豆やら何やら。(私は把握してない)

とれたての新鮮野菜を

なるべく効率良く

美味しくたくさん食べたいので

ずいぶん前に購入した

c0331864_21033402.jpeg
アノニマスタジオの“野菜畑のレシピ”を

引っ張り出してきた。

内容はほとんど覚えてないので

ちょっとワクワクしながら

冷蔵庫の野菜室を占拠している人参レシピをば。

c0331864_21032078.jpeg

油炒めとピクルスだけ。

“レシピ”って言うの?これ。

気を取り直して

玉ねぎのページをば。

c0331864_21030337.jpeg
玉ねぎの丸焼き、

その名も“玉ねぎそのまんま”って。

たしかに、素材そのものの美味しさを

味わいたいのなら、シンプルな調理法がいちばんだろうけど。

ブツブツ言いながら

ネギのページに載ってた

“ねぎのジョン”を焼いてみたら

これが絶品‼︎

やっぱシンプルイズベストやわ〜…。



by kurasinootomo | 2017-11-23 21:40 | | Comments(0)

おいしい雑誌



お片付けやら断捨離やら

ファッションやら雑貨やらと

いつの間にやら

たまってしまった雑誌たち。

思い切り整理しようと処分処分。

でも、手元に残してしまう

c0331864_21044350.jpeg
おいしい、というか

美味しそうなパンの特集の雑誌とか

c0331864_21042287.jpeg
これまた美味しそうな

お菓子やおやつの特集本。

かなりの量の雑誌を

処分しながら

『もう買うまいぞ!』と

心に誓ったはずなのに。

c0331864_21035204.jpeg
タイトルだけ見て

即買いしてしまった“きょうのおやつ。”

c0331864_21033804.jpeg
やっぱりいいわ〜、

おいしい雑誌…。

c0331864_21032355.jpeg


by kurasinootomo | 2017-10-29 21:24 | | Comments(0)

お直しとか



シミをつけてしまった

白いシャツ。

虫食いなのか、引っ掛けたのか

穴があいたセーター。

爪でも伸びていたんだろうか

足の親指部分だけ

破れたくつ下。

よっぽどのお気に入りでない限り

捨ててしまったり

部屋着になったり。

なまじっか繕ったりした所で

余計に目立って部屋着にすらならなくなったり。


最近、興味津々読んでいる

c0331864_21484033.jpeg
横尾香央留さんの『お直しとか』。

お仕事はお洋服のお直しなんだけど

c0331864_21481747.jpeg
シミやほころびに

ビーズや編み物、刺繍などで

付加価値をつけ

新しい作品として蘇らせる。

あえて目立ってウキウキ楽しい『お直し』。

c0331864_21480158.jpeg
シミがついた白いTシャツを

パジャマに格下げしたりしていた私には

目からウロコのこの一冊。

そして何より

『お直し』して着続けたい、

そんなお洋服が有るって

羨ましい…。

by kurasinootomo | 2017-10-16 22:22 | | Comments(0)

料理本



ノロノロと進む

発掘&お片付け作業の中、

面白いもの発見。

c0331864_14060865.jpeg
ジェニファーさんの

料理本らしいけど

どなたさんですか?

c0331864_14062701.jpeg
とてもざっくりな内容らしく

材料、分量、手順が簡単に書いてある。(ようだ)

挿絵もノスタルジックな感じで

古い海外の絵本のよう。

こちらは思いっきり昭和の料理本。

c0331864_14064309.jpeg

むかしむかし、その昔の

千趣会出版の本。

今は亡き小林カツ代さんの

名前もある。

c0331864_14065699.jpeg
右上は、オシャレな瓶に入った

マーマレードの宣伝記事。

う〜、欲しい!

料理本は今も昔も

見て楽しむわたくし。


そして、遅々として

進まないお片付け……。

by kurasinootomo | 2016-10-25 14:38 | | Comments(0)

森へ行きましょう



新聞を読むのが大好きで

今日の様な休刊日は

何かするべき事を

し忘れてるような

居心地の悪さがあって

夕刊が来るとホッとする。

新聞記事は勿論だけど

掲載されている小説も

けっこう面白かったりする。

今、夕刊紙には

『森へ行きましょう』という

c0331864_19453663.jpeg
川上弘美さんの小説が

連載されている。興味深いのは

ミナペルホネンのデザイナーの

皆川 明氏が、挿絵(画)を描いている事。

c0331864_19463066.jpeg
まず画を見てその日のお話のスジを

想像、そして本文へ。

“なるほど!”の画の時もあれば

“⁇…。”の事もありで

なかなか楽しい。

このところお話の内容が

『3・11』(大震災)の事に及んでいるので

c0331864_19461411.jpeg
こんなだったり

c0331864_19455312.jpeg
こんなだったりする。

挿絵って大変難しいんだろうな…。

by kurasinootomo | 2016-09-12 20:08 | | Comments(0)


ガースウィリアムズの絵本

『しろいうさぎとくろいうさぎ』

子どものために買ったものでしたが

今は私の手元に。

c0331864_13231225.jpeg
この絵を眺めているだけでも

お白湯をゆっくり飲んだみたいに

じんわり心が温かくなる。

お話の内容も、ちょっと

子どもには理解し難いかな?という

深い内容、だけどシンプルに

素直な表現。

c0331864_13224092.jpeg
挿絵も素敵で

リアルだけど表情豊か。

c0331864_13221818.jpeg
なんか魅入ってしまう

優しい絵。

ついついこんなうさぎ達を

傍らに置きたくなる…。

c0331864_13220464.jpeg


by kurasinootomo | 2016-08-29 13:35 | | Comments(0)

サザエさん



いつの頃からか

『サザエさん』が大好きで。

でも、実家は

朝日新聞をとっていなかったので

新聞紙面ではなく

本になってからの事なのかな。

c0331864_12072230.jpeg
殆どを買い揃え

よりぬきサザエさんや

別冊サザエさんなんかも

あったっけ。

c0331864_12070667.jpeg
何だろう?サザエさんを読んでると

古き良き時代に身を置いて

癒されたり、ちょっとした

生活の工夫なんかも見えて来て

刺激を受けたり。

何だか古くて新しい。

そしてこの夏

c0331864_12074232.jpeg
また『サザエさん』に会えた。

何度も読んだはずの

お話ばかりなのに

新作を読んでる気分になるのは

何故だろう…?

by kurasinootomo | 2016-08-17 12:24 | | Comments(0)