人気ブログランキング |

暮らしのおともに hibigurasi.exblog.jp

日々の暮らしを楽しみながら


by cedar
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:お菓子( 21 )

葛桜



やはり今年も37度なんていう

微熱?いや大人にはちょっと堪える体温ほどの暑さとなり

やっぱりね、そうくると思ってたよ と

毒づいたところで受け入れるしか無いこの酷暑

こんなにもグレもせず暑さに耐えてるんだから

糖質制限とかいいよね?(誰に聞く?)

夏は目にも涼しくさっぱりした涼菓が一番

手土産を買いに行った和菓子屋さんで出会った

c0331864_17104032.jpg
葛桜

葛餅、葛饅頭、葛切りなどなど

冷んやり喉ごしの良い葛のお菓子は大好きだけど

葛桜はあまりお目にかからないので

ここで出会うなんて神様からのご褒美やも知れぬ、と

糖質制限スイッチをOFFにして

c0331864_17104873.jpg
冷え冷えを持ち帰り

ちょっと良い茶葉で冷茶を淹れて

c0331864_17105468.jpg
ゆっくり味わってたらぬるくなる

さりとてパクッと食べちゃうのもなんだわね〜

c0331864_17105871.jpg

とお預けを自らに課してたら

写真もピンボケしか撮れなくなったので はよ食べよ

いっただっきま〜す…

by kurasinootomo | 2019-08-05 17:41 | お菓子 | Comments(4)

今日のおやつ



今日は真夏の様な暑さだった。

朝4時の気温も既に23度くらいあったし

日が沈みかかった今も29度もある。

こんな日でもいつもの様におやつは食べないとね、とか言ってるから

減量なんてなかなか。

でも、少しでもカロリー低めのものを、と思い

6月も終盤だし『水無月』を買って帰る。

c0331864_18352811.jpg
よーく冷やして少し常温において(どっちやねん?)

”冷やっこい”ではなく”冷んやり”くらいが丁度いい。

c0331864_18352299.jpg
水出しのお茶に氷を入れて

c0331864_18351565.jpg

お茶の準備が出来たので

ゆっくり美味しく頂いて、と思いつつ

あっという間に完食。

なんか物足りないなぁ、水無月小さかったし。で

c0331864_18353820.jpg
お干菓子があったな、確か夏っぽい感じだったような…

c0331864_18354209.jpg
何のこっちゃない、お魚くらいだな、夏…。

どうでも夏に拘るならちょっと無理矢理だ。

減量中だしやっぱり我慢しよう…トホホ…。

by kurasinootomo | 2019-06-20 19:01 | お菓子 | Comments(0)

ツバメサブレ



たまたまパケ買いしたお菓子が

とっても良かったりすると

一人にんまり、こっそり食べてしまいたいような

誰かに密かに教えてあげたいような、って

ブログに書いてしまうとなれば

コレはもう不特定多数(少数?)の方々にちょっとお知らせ。

c0331864_21155409.jpg
このほのぼの昭和な感じの絵が気に入って

中身はそう期待せずに買ったお菓子、ツバメサブレ。

まあ、素朴なお菓子なんだろうなぁ、くらいの考えで

食べて見たらば、”おっ⁈”となって

c0331864_21150552.jpg
こりゃなかなかいけるわいな、っとなって

原材料は何かしらんと袋をよくよく見ると

c0331864_21145601.jpg
なんとシンプルな材料なのに

この味わいはどこから…?

よくよく読めば

滋賀県の農家さんが大切に育てた小麦の原種の『ディンケル小麦』の

全粒粉と国産イワイノダイチ小麦、甜菜糖、云々…

とにかく生産者の顔の見える国産材料でもって作られてる。

c0331864_21163894.jpg
ほどよく甘く香ばしく、いやはやパケ買いも

してみるもんだわと一人、麦茶を飲みながら

仕事そっちのけでお茶した連休最終日…。



by kurasinootomo | 2019-05-06 21:56 | お菓子 | Comments(0)

お茶うけ



お茶はなんでも好きだけど

お茶うけはもっと好きなので

お茶受けありきでお茶の種類を考えたりして。

甘いものを少し、ならば干菓子を3つくらい?

少し濃いめの煎茶かなぁと。(夜はNG)

どら焼きやお饅頭などのあんこガッツリなら

ほうじ茶や玄米茶をたくさん飲みたくなる。

さて今日は

c0331864_22201442.jpeg

生姜とハチミツの蒸しケーキ。

はてさて、何を合わせるか?

ケーキとは言っても、バターや卵の入らない

蒸しパンみたいなものだから

久しぶりに“中国茶”の日月潭紅茶を淹れようか?

ごく簡単に、ごくごくカジュアルに

蓋碗とポットだけで淹れる。

c0331864_22042822.jpeg
誰かの台湾土産の日月潭紅茶を蓋碗にいれ

お湯を注いでしばし待ち

蓋をずらしてポットに注ぐ。

蓋碗は、急須がわりなので茶碗に注ぎ

c0331864_22041680.jpeg
想定外の美味しさ、ジンジャーケーキ。というか

お茶の香りと生姜の風味があいまって

結構なお茶時間でございました…。



by kurasinootomo | 2019-02-25 22:33 | お菓子 | Comments(0)

小枝チョコレート



私はかなりのチョコレート好きだけれど

梅雨明けあたりから、秋風が吹き始めるまでは

全くチョコレートを受け付けないから

本物のチョコレート好きではないのかな?

というわけで今この時期は

かなりのチョコレート好きになっている。

昔は『小枝チョコレート』ばかり食べてた時期もあり

c0331864_21022321.jpeg
この、細さ加減と、ナッツのつぶつぶにどハマりして

毎日食べたものでした。が、その後

いろんなチョコレートが売り出され

あちゃこちゃ手当たり次第食べ、長く小枝から遠ざかってた。

そういえば最近、『小枝チョコレート』ってあまり見かけないな?

と思ってたらパッケージが小洒落た感じの

c0331864_20434103.jpeg
“ 小枝” と書かれた箱を見つけて

つい、懐かしくなって買ってみたら

「こ、これは…⁈」と思わず唸った。

「こんなん、小枝、とは言わんでしょ〜‼︎」

お味も、食感もまるで違うし、第一、あの華奢な感じと

ナッツのつぶつぶは無くキャラメルのもぐもぐと

結構な太さになっていた。

c0331864_20584209.jpeg
しかも5本しか入ってない。

初期の頃の小枝チョコレートは小袋じゃなく

結構な量が無秩序に入ってたんだけど

最近は小袋に行儀よく入ってるそうで。それも

私の小枝ばなれの一因だったから

5本入りって、そんな殺生な、となり

『これじゃあ “小枝”じゃなくて“小指” だろーが!』と

悪態をつきながらも、美味しく頂きました…。



by kurasinootomo | 2019-01-26 21:43 | お菓子 | Comments(0)

栗のケーキ



まだまだ昼間は暑いし

さっぱり、冷やっこい物も美味しいけれど

秋の味覚もぼちぼちと。

冷蔵庫に眠ってた

c0331864_20233670.jpeg
千疋屋の栗の甘露煮(渋皮つき)。

早く食べないとな〜、と思いつつ

消費期限も近づいてきたので

お菓子を作ろう!とレシピをパラパラ。

お手軽なものを、と

バターとココナツオイルを練る、砂糖投入

溶き卵ちびちび、小麦粉とアーモンドプードルさらさら。

オーブンで40分。

c0331864_20231100.jpeg
あっ、刻んだ栗も入ってます。

焼き上がりにラム酒いりの

シロップをたっぷり…と言いたいところが

アルコールアレルギーなのでシロップだけ塗って。

c0331864_20225897.jpeg

香りづけだけのノンアルコールのラム酒って

無いのかな?

やっぱり何だか物足りない…。

by kurasinootomo | 2018-09-07 20:44 | お菓子 | Comments(0)

水羊羹



普通の羊羹は

そんなにお好みでは無いんだけれど

水羊羹は大好きで。

でも、『水羊羹なら何でもいい』というんじやなくて

やはり好きだからこそ

譲れないものがあり。

まずは、缶に入ってるのは

基本的にダメなんだけど、頂き物は

ほとんど缶入り(日持ちを考えると致し方無い)。

昔々、和菓子屋さんで売っていた

c0331864_22020896.jpeg

小さなお豆腐くらいの大きさで

キリッと角のたった

関西風に言うと

『シュッとした』潔い直方体がいい。

c0331864_22015868.jpeg
こんな感じで葉っぱに包まれていても

葛餅付きなら良しとしましょう。

でも、究極は

虎屋の『絹・深紫』だなぁ。

c0331864_22014874.jpeg

くぅ〜っ! 虎屋直営店での限定販売‼︎

一箱買って一人で全部食べてみた〜い…。


by kurasinootomo | 2018-07-30 22:20 | お菓子 | Comments(0)

夜お茶時間



ちょっと美味しいお茶が

手に入ったので

夕食の後、1人でお茶時間。

c0331864_22191735.jpeg
茶筒の蓋なんかにお茶っ葉を受けるような

乱暴な事はせず(急須の口も小さい事だし)、

開化堂でおまけで貰った名入りの茶匙で軽くひと匙。

小ぶりの青磁の急須とお揃いの湯冷まし器に

お湯を注いで一呼吸、いや、三呼吸ぐらい?

c0331864_22190407.jpeg


これまた小さめ茶漉しでうけて

明るい綺麗に澄んだ緑色のお茶を淹れる。

少し温めのまろやか甘めのお茶、に合うお茶受けは

c0331864_22185382.jpeg
お干菓子にしようかな?

甘さ控えめの落雁と、飴菓子が

とても相性がいい感じ。でも

ちょっと物足りないな。

そうそう、春よもぎ餅とか花煎餅もある。

c0331864_22183871.jpeg

って、食べ過ぎやろー…。

by kurasinootomo | 2018-03-09 22:45 | お菓子 | Comments(2)

桜餅



今日は桃の節句。

“お節句”といえば和菓子、みたいな

貧相な発想しかない母の事をよく知るムスメの手土産は

c0331864_21415462.jpeg
やっぱり和菓子を持ってきてくれた。

シンプルだけど気の利いたラッピングの『仙太郎』は

餅菓子が美味しい、と個人的な感想を持ってる。

c0331864_21412915.jpeg
お〜、やっぱり餅菓子、季節の桜餅。

桜餅も色々バリエーションがあり、

ずっとずっと昔は、桜餅は

c0331864_21404939.jpeg
こんな形状のモノしか知らなくて

あちこち探すけどなかなか売ってない。

関東圏はクレープみたいなもので餡をくるんであり

それをまた桜の葉で包む。

これぞ桜餅だと、結婚当初方々探したけど

道明寺が主流なのかして全然売ってない。

どこかのデパートで⬆︎を見つけて

舅にお土産にもって行ったら

「こんなのは桜餅じゃない‼︎」と言われ凹んだ私。

それからちょっとトラウマに。

仙太郎は京都だから

c0331864_21410442.jpeg
やっぱり道明寺だよね。

しかも生成りの白餅に桜の葉が2枚、

……ところで

あなたは、桜の葉っぱを食べますか?

by kurasinootomo | 2018-03-03 22:14 | お菓子 | Comments(0)

福ハ内



鶴屋吉信のお菓子

『福ハ内』

桃山、という白餡に卵黄や

葛粉を合わせた焼き菓子を

お多福豆の形にしてあるもの。

c0331864_21522490.jpeg
パッケージも、杉の木で

枡をかたどり、

“ますます繁盛”とかなんとか縁起の良いお菓子。

わたしの母がこの『桃山』系のお菓子が大好きで

毎年のお年賀として

実家へ持って行ってた。

今年も同じように(高齢者住宅に引っ越した)と

持って行った。ところが

お友達とのお茶時間には

“イマドキ菓子”の持ち寄りが流行り、だそうで

コンビニスイーツだの、無印のお菓子が

受けが良いらしい。


「みんな、お饅頭とか和菓子食べないし

コーヒーに合わないから持って帰ってよ」

明治37年誕生の伝統ある銘菓が

コンビニスイーツに

負けた瞬間でした…。

c0331864_21543180.jpeg



by kurasinootomo | 2018-01-04 22:27 | お菓子 | Comments(0)