人気ブログランキング |

暮らしのおともに hibigurasi.exblog.jp

日々の暮らしを楽しみながら


by cedar
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:キッチン( 94 )

ラップ



できればあまり使いたくないし

手軽で安価なものでゴミの出ない物があれば

そっちを使いたいとは日々思ってる

『ラップフィルム』

CMのインパクトで言えばクレラップが圧勝で

価格もビミョーにクレラップが安い(本日のチラシ参照)

ような気がする

そんなこんなでクレラップを使っていたけど

c0331864_17003012.jpeg
この無印のケースに入れ替えて使っていたところ

とにかく毎回セロテープで“始まり君”を探す

慎重に丁寧に扱わないとご機嫌斜めに裂けていく

こうなると果てし無く出口のない旅に出てしまう

この無印のケースがいけないのかと思い

本体のみで使ってみてもやはり結果は同じで猛ストレス

c0331864_17004173.jpeg
僅かな金額ケチらずにサランラップに変えてみてあらビックリ

私がクレラップに現を抜かしてる間に

進化したのかサランラップ‼︎


YO〜YO〜ピシッと切れてピタッと密着するんだYO〜‼︎

c0331864_17050455.jpeg





by kurasinootomo | 2019-07-10 17:44 | キッチン | Comments(8)

シンク下



もう遠の昔に錆びついたか壊れたか

と思っていた『お掃除スイッチ』が

突然起動してシンク下へ突撃

c0331864_20560214.jpg
こんな小さな収納ケースに

ピーラーと計量スプーン(大さじと小さじだけ)が収まり

c0331864_20555476.jpg
このケースは無印のファイルボックスにくっつけて使う

何を入れるもんだかよく知らないもので

c0331864_20554676.jpg
お鍋を入れてあるファイルボックスに取り付けてある

以前はセットで買ったボウルやザル

調理器具やら道具やらがわんさかあった

 

c0331864_20554061.jpg
 
でも今はステンレスの大きなボウルと琺瑯

耐熱ガラスのボウルだけに淘汰された

ボウルが足りなければ小鉢などが援護してくれるし

計量カップで卵の泡だてとかもしてしまう

c0331864_20553394.jpg
精査していくとたったこれだけになり

いや〜、スッキリしたわ〜  では次!コンロ下へ…

あれあれあれ力が入らない〜って顔が食べられたアンパンマンみたいになり

ジャムおじさんが新しい顔を作ってくれるまで

休〜憩〜…







by kurasinootomo | 2019-07-06 21:32 | キッチン | Comments(0)

ジタングレポートその3



揚げ物は殆どしないけれども

ましてやオーブンレンジを使って揚げ物なんてかつてない事。

レシピブックに載っていたのでお試しお試し。

c0331864_20523670.jpg

材料は鶏もも肉と唐揚げ粉だけ、

作り方も網に乗せレンジグリルスタート、だけ。

レシピブックもスカスカ、やる事ないけど待つ事15分

c0331864_20524419.jpg
下に脂が落ちて、ヘルシー唐揚げ出来上がり。

もうちょっと何か作りたくて(ボタン押すだけだけど)

昼間、家人が間引いてきた大根を使って

大根ご飯を作ってみよう。

c0331864_20524068.jpg

大根葉を刻み、チビ大根も細かく切って

炊いたご飯(冷やご飯でも良い)とおじゃこをまぜまぜ。

c0331864_20523191.jpg
これもレンジグリルメニューボタンを押すだけ8分。

c0331864_20524809.jpg
殆ど大根葉のヘルシーご飯のできあがり。

味付け海苔かなんかトッピングしたらもっと美味しいかもです。

いやあ〜、大根飯なんて ”おしん”みたいだけど

意外と美味しい…。

by kurasinootomo | 2019-04-29 21:16 | キッチン | Comments(0)


物を減らす鉄則として

『兼用できる物はなるべく買わない』

みたいな事があり、キッチンツールなどは

極力少なく持ちたいと思っていたので

レードルも処分して、おたま一本でやってきた。

えらく大層なイントロダクションになったけど

要は

c0331864_21293022.jpg
この小さなレードルの事を言いたいのです。

こんな小さなレードルでチマチマとすくうものなんか

ありませんから、と

c0331864_21292471.jpg
普通サイズのお玉一本で

ずっとやってきた。でもジャムを頻繁に作る私としては

このお玉で鍋から瓶に熱々のジャムを

移すのは至難の技。

c0331864_21293420.jpg
結構な量をこぼしたりして勿体無い事をしてきた。

が、どうでしょう、この小さいレードルを使えば

難なく綺麗に移し替えができる。


何でもっと早く買わなかったんだろうと

今更ながら後悔仕切り。でもこの逆のことはしょっ中起こり、


『何でこんなもの買ったんだろう?』

『何でこれを選んだんだろう?』

『他にいくらでもあったのに』

『なぜこれでなきゃいけなかったんだろう?』


ん?何か本筋から逸れてやしませんか、と…。

c0331864_21291920.jpeg

by kurasinootomo | 2019-04-25 22:02 | キッチン | Comments(2)

家事道具



食材や消耗品のたぐいは

どこのお店でも手に入るので

なんの不足もないけれど

ここいら辺はといえば

スーパーはおろかコンビニもないので

車なしには動けない。

久し振りに台所の道具を見たくなり

デパートへ。でも買わないよ、

必要最低限しか。

なんだかやけに混んでいる店内で売場がよくわからなくなり

お手隙そうなおねえさんに尋ねてみる。

研修中のバッヂを付けてるけどまぁいいか?

『あのー家事用品売場はどこですか?』

『かじ…ようひん、ですか?』

『そう、ささらとか欲しいんだけど』

c0331864_21385303.jpeg
『ささ?…あ、こちらです』


案内された先は防災用品売場。

なんでささらが防災なんでぃ!と思ったけど研修中だし。

『えーとね、じゃあ鉄器なんか有ります?』

c0331864_21394175.jpeg
『あ〜っ、鉄琴のお取り扱いはございません。』


研修済ませてから出て来なさい‼️

by kurasinootomo | 2019-04-18 22:10 | キッチン | Comments(4)

BIRDSEYE Canada



けっこう奮発して買った

タダフサのまな板。

c0331864_18134517.jpeg
(新品は美しい)

木製のまな板にいたるまでは

抗菌のプラスチック製のまな板を使ったり、

シート式の物を使ってみたり、と

半ば使い捨て状態にあった。

白いプラスチックにうっすら食品の色が染まっていたり

包丁跡が黒ずんだりして

漂白剤もあんまり頻繁なのはどうなのか?と思ったり。

で、木のまな板ならば、と使い続けて5年。

c0331864_18133302.jpeg

何かで焦がしてしまったり、陽に干したりしても

避けられなかった黒ずみが現れたりで

削ってもらう、という手段も有るけどなかなか…。

で、偶然出会った『BIRDSEYE』のカッティングボード。

c0331864_18305524.jpeg
カナダだけに、メープルだそうですが。

やれやれ、これでやっとまな板問題解決か?と思いながら

ふと、“まな板とカッティングボードってどう違うのさ?”問題。

基本的には一緒だけれど材質に違いがあって

まな板は、ヒノキ、桐、銀杏などの比較的柔らかい木で出来ている。

一方、カッティングボードは材質が硬い木なので

包丁とは相性が良くない(包丁が傷む)らしい。

外国のお料理番組とかで、ペティナイフにカッティングボードの

組み合わせを見るけれど、刃の当たる面が小さいペティナイフなら

相性バッチリなんだろうなぁ、となれば

包丁をペティナイフに替えて調理するか?

“まな板”を探し続けるか?

悩ましいなぁ……。



by kurasinootomo | 2019-03-12 18:51 | キッチン | Comments(0)

キッチン改造計画



お家の建て替えやリフォームする時

キッチンなんかはたいていその家の主婦、若しくは

1番使う人の意見が反映されるものだと思うけど

我が家の場合はまるで違った。

某住宅メーカーの担当者と家人との打ち合わせで

全て事が運び、キッチンの時に意見を求められたので

いくつか思いの丈を伝えてはみたものの

全て却下されてしまった。

c0331864_21520397.jpeg
(もちろん、他所の家です)


担当者も、決定権は家人にしかないと判断したのか

私には何も聞かず何の提案もなかった。だから

『炊事をしない人達目線』のキッチンになっている。

使い勝手が悪く、無駄な動きが多くなる作りに

家事意欲(昔はあったはず)も低下して

気持ちも沈みがち。

c0331864_21513415.jpeg
ぼつぼつ残り少ない家事時間を

快適に過ごすべく、立ち上がろうではないか!と思い、

「なんか使い勝手を良くしたいんだけど」

「今さら何を言ってんだ?」

「キッチンカウンターが高くて疲れるし…」

「踏み台に乗れば?」

「家事動線が悪くって…」

「どうせん(ダジャレ言ってるらしい)大した料理しないだろ?」

「ご飯作る意欲が低下気味で…」

「コンビニでなんか買ってくれば?」

作戦ねりなおそう…。

c0331864_21563430.jpeg



by kurasinootomo | 2019-03-03 22:46 | キッチン | Comments(2)

粉もん大集合



暖かくなってくると

今まで見てみぬふりを決め込んでいた所も

ぼちぼち片付けなくちゃ、と動き始める。

ことに、軽いとはいえ伝染病の家族がいるので

出掛けるのもはばかられるし、私自身も保菌者であるかもしれない。

家に引きこもってるならお片付けでも、というわけで

『粉もん』の整理を。

c0331864_22173354.jpeg
強力粉に薄力粉、片栗粉にコーンスターチ。

中力粉も有るし、ホットケーキミックスやお好み焼き粉。

全粒粉にライ麦粉、コーングリッツやグラハム粉。

まだまだ出てくる、白玉粉やわらび粉、上新粉にだんご粉に米粉。

c0331864_22185549.jpeg
もうなんだかえらいことになっていて

それぞれちゃんと使っては有るものの

半分以上が消費期限切れのもの。

粉もん(正確には粉もんになる前の粉)にはならないモノを

思い切り処分。可能性として使う物のみ残して整理。

結局、強力粉と薄力粉、片栗粉とホットケーキミックス

お好み焼と全粒粉だけにして完了。

c0331864_22451270.jpeg
ところで、え〜っと“きな粉”って何もん…?


by kurasinootomo | 2019-02-20 22:48 | キッチン | Comments(2)

何も置かない



だんだんと物の管理が難しくなってしまうその前に

なんとか家をスカッとさせたくて

少しずつ気づいた所から始めてる必要最小限。

最近ごちゃつきが著しいキッチンカウンター。

一度全部退かしてみましょうと

c0331864_21533371.jpeg

カウンターの上に乗っかっていた物を

全て移動してみると

やっぱり何にも無いって清々しい。

昼間やればいいものを、お日様の出ている時には

家の外の片付け(どこもかしこも散らかってる)をしたいので

夕飯後にごそごそやり始める。

c0331864_21532002.jpeg
うわぁ〜い、このままで維持したい!とは言うものの

中々それは難しいので

電気ポットを取り敢えず元の場所へ戻す。

c0331864_21530446.jpeg
電気ポットって1250wも電気食うんだ!

ガスにしたいなぁ、でも動線が悪くて

カウンター周りをウロウロしないとコーヒーが淹れられないらしい。

あーあ、とため息をついていたら

家人が現れ、「何やってんだ!今ごろ‼︎」

「え〜?お片付けだけど…」

「なんとまた、無駄なことを!」

c0331864_21524843.jpeg
“無駄なこと”にしてしまうのは

他ならぬ、あなたでしょうが…⁈

by kurasinootomo | 2019-02-17 22:21 | キッチン | Comments(0)

いつかどこかで



『いつ見たっけ?』

『どこで見たっけ?』

『何で見たっけ?』

毎日大量な情報が溢れては流れ、更新されていく。

“あ、コレいいかも!使おう‼︎”と思っても

時を逃すと、その情報は何処かに埋もれて

もう、探し出せなくなっている。(私だけかも…)

例えば、キッチンスポンジの置き場所について

何かで見たんだよなぁ、確かに。

c0331864_21492844.jpeg
無印の扉用のフック(?)を使って

スポンジを置く場所にする、ていうもの。

c0331864_21381527.jpeg
今まで使っていた亀の子たわしのラックは

吸盤部分がなんだかばっちいので、“何とかならんかな?”とイライラ。

c0331864_21382834.jpeg
でもこの無印のフック(?)なら

簡単、衛生的、「コレだ!」と思って数日が経過。

そうそう、と思い出しセットしてみる。

“ほほぉ〜、なかなかいい塩梅”と思いきや

c0331864_21380292.jpeg

スポンジを取り上げると

フックも一緒にくっついてくる。そりゃそうだ、固定してないんだもの。

そして、何かで固定してたよね?と記憶を辿ろうにも

いつ、どこで何で見たのか思い出せない。

折角のお知恵も中途半端に借りたのでは役に立たない、ので

どなたか、ここに出てたやん!とか

それ、私、実践してますわよ、とかの情報を

コメントとして残してください…。



by kurasinootomo | 2019-02-15 22:08 | キッチン | Comments(0)