人気ブログランキング |

暮らしのおともに hibigurasi.exblog.jp

日々の暮らしを楽しみながら


by cedar
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

次々継ぎ継ぎ




ぼちぼちと

器の繕いをしてまして。

出不精でチマチマ仕事が好きなので

やり始めると一日中チマチマ。

割れや欠け、ヒビを

くっ付けたり埋めたり。

たび毎に、乾かす時間もなかなかゆったり。

c0331864_21412142.jpeg
ベンガラをぬって

しばらく放置、金を蒔いて

乾かす事2週間。

まだまだ道半ば。

こちらは、金を蒔いたあと、

c0331864_21404956.jpeg
只今、金を定着中。

後から後から気になりつつも

放置していた器があって

次ぎ次ぎ継ぎ継ぎ。

c0331864_21410583.jpeg
諦めかけてた器が蘇るのは

喜ばしいけれど

明日から12月だっちゅうに

また、掃除、片付けそっちのけで

暮れのバタバタは必至…。






by kurasinootomo | 2017-11-30 22:16 | メンテナンス | Comments(0)

柿の収穫



今年も柿の収穫期となり

年によって若干の違いはあるものの

概ね甘くて美味しい、ハズレ無し。

c0331864_14344239.jpeg
食卓と、カウンターには

“ソッコーで食べないと”という熟柿が

それぞれ2カゴ。

c0331864_14345730.jpeg
ただいま選別中の

大籠には100個ほどの柿。

枝ごと切ってあるので切り離して

選別して並べる。(結構、腰にくる)

c0331864_14352026.jpeg
まだ2カゴも

置いたままに。さらにまだ

畑の柿の木には

この倍ほどの柿の実が

収穫を待っている。

せっせとあちこち送ったり

持って行ったりするものの

なかなかはけないし、食べきれない。

着払いで地方発送

承りマス…。



by kurasinootomo | 2017-11-29 15:02 | | Comments(2)

掃除機掃除



今日も快晴‼︎

洗濯も大物含めて

3回もしたし、布団も干したし。

今日は家中、掃除機かけるぞー。と待てよ、

掃除機が汚れてる。先ずは

掃除機をキレイにしよう。

c0331864_17522728.jpeg
c0331864_17521389.jpeg

うちはダイソン君が1人で

家中の掃除を担っている。

以前はルンバも使っていたけれど

“ちゃんと掃除できてんのかいな?”と

ルンバにつきまとっているうちに、

私はルンバとは相性が悪いと分かりお別れした。

嫌がるルンバをよく引っくり返して掃除したっけ。

ダイソン君は暫く掃除してないから

この際、徹底的に。

c0331864_17524249.jpeg
こういうパッキンの所とか

外して洗いたい、けど外れない、ので

爪楊枝やら綿棒、ヘラやら歯ブラシ、

色々動員してclean up。

c0331864_17520076.jpeg
やり始めたら止まらない、てか

けっこう汚れてるから止められない。

c0331864_17513463.jpeg

この位にしておこう、と気がつくと

陽は傾き、初冬の夕闇が。

家中の掃除どころか夕飯の支度しなくちゃ。

それに、せっかくキレイにした掃除機、

汚したくないなぁ〜…。


by kurasinootomo | 2017-11-28 18:32 | メンテナンス | Comments(0)

イリスハントバーク



掃除は嫌いな方では無いけれど

毎日小まめに

する方でも無い。だから

年末やら、来客やら、イベントがあると

バタバタウロウロしなくちゃならない。

ファーマーが出入りするので

どちらかと言えば

埃より、砂とか枯葉とかが

家の中へ持ち込まれる。

そんな時便利なのが

“イリスハントバーク”のブラシ。

c0331864_21522532.jpeg
c0331864_21524042.jpeg
スウェーデンのイリスハントバークの

お掃除ブラシ。

なんか現地のホームセンターみたいな店で

安かったから2本買った。

隙間や桟や、テーブルなんかのゴミ、埃を

ササッと掃ける。

ちり取は、ハリミもいいけど

c0331864_21525919.jpeg
硬質な紙製の此方のものも

意外と使える。

スタイリッシュで実用的、

これもイリスハントバークのもの。

c0331864_21531640.jpeg

でもまぁ、道具が揃ったところで

使わなきゃ掃除は

出来ないわけで。

今年も残すところあと一ヶ月余り

今さら小まめにお掃除でもないけど

“千里の道も一歩から…。

by kurasinootomo | 2017-11-27 22:31 | 北欧 | Comments(0)

寿ぎは続く



身内には

自らも含め、年配者が多く

弔事の数がハンパなく多い昨今、

久々の慶事、次に慶事があるとしたら

四半世紀くらい先かな?てなワケで

しばらくはおメデタく過ごしたいなぁ、と

今日の朝菓子は

c0331864_22190070.jpeg
昨日、多めに買ってしまった

紅白の上用饅頭。

黄白のお饅頭が続いていた(やたら法事が多かった)せいか

色が違うだけで中味は同じなのに

紅白、が美味しく甘く感じるのはナゼ⁈

玄関床の間横に

家人が桜だと言って(ホンマかいな?)買ってきた

なんか蕾のついたものを

市場カゴに入れておいたら

c0331864_22193196.jpeg
ちらほらと

何かがほころんでる。

草木の知識は全くないので

よく分からないけれど

c0331864_22191807.jpeg
何となく気分が華やいで

おめでたい気分。

さぁ、この気分のまま、気忙しくなる

世間様を横目に

年末年始を颯爽と駆け抜けたいもんです…。

by kurasinootomo | 2017-11-26 22:56 | お菓子 | Comments(0)

鶴と亀



この時期にしては暖かく

好天に恵まれ(家の中だから関係無いけど)

おかげでやはり

夜には見えてなかった埃が…。

しかしながら

c0331864_17541813.jpeg
桜湯と(まだ湯を注ぐ前ですが)鶴と亀の

おめでたいお干菓子をお出しして

結納飾りを見ていただき

お祝いして頂いて。

c0331864_20494089.jpeg
片木盆にのったお祝い。

左に亀の水引細工に末廣、

右に鶴に熨斗アワビ。

c0331864_20500193.jpeg
此方も左に亀、右は鶴。

“亀は運気が上る”といい上向きに。

c0331864_20502332.jpeg
“鶴は幸せが舞い降りる”で

下向きに飾りつける、と結納品売り場の方が言っていた。

c0331864_20503798.jpeg
結納なんてしなくてもいいじゃん。

結納飾りなんか無駄だし

使い道無いし。とかよく聞くし

地方色もあるんだろうし。

確かに、合理的ではないな、などと

考える事もあったけど、

合理、不合理なんて事ではなく

伝統文化の継承かなぁ、と思う今日この頃。

簡単に、シンプルに。止めてしまうのは

容易いけれど、日本にしかない(たぶん)だろう

水引き細工とか寿ぐココロを繋げていくのは

SNSのようにはいかんのだろう…な…。



by kurasinootomo | 2017-11-25 21:42 | イベント | Comments(0)

設える



ずいぶん前から

わかっている事なのに

いつもいつも間際まで

あちこちバタバタ、雑巾片手にウロウロ。

大晦日然り、慶弔の集まり然り。で、

明日はムスメの結婚のお祝いに

親戚が集まる。

c0331864_21585534.jpeg
頂いた結納品飾りを

指示書を見ながら毛氈の上に並べたり、とその前に

普段は全く使ってない部屋なので

掃除、片付け、すす払い(?)。

積年の汚れ落としや修繕やらで

なかなか飾りつけまで辿り着けず

c0331864_21584168.jpeg
その間も、家人は取っ替え引っ替え

床の間飾りに夢中で

“誰もそんなモノ見ないよ‼︎”と心の声が咽喉元まで。


c0331864_21581219.jpeg
急な階段を上ったり下りたり

けっこうカロリー消費。

すっかりあたりは暗くなり

c0331864_21582659.jpeg
しんしんと冷えてくる。

殊にこの2階座敷は

築100年を超え、隙間だらけ。

明日も冷えるよね、ぜったい。

そして、夜が明けて明るい陽射しが差し込むと

夜にはよく見えてなかった

新たな汚れや埃が顔を出す…。


by kurasinootomo | 2017-11-24 22:39 | イベント | Comments(0)

野菜畑のレシピ



わが家のファーマーの畑では

人参(金時と翔馬)やネギ、

ほうれん草が収穫期。

もう少しすると、

白菜、大根、黒豆やら何やら。(私は把握してない)

とれたての新鮮野菜を

なるべく効率良く

美味しくたくさん食べたいので

ずいぶん前に購入した

c0331864_21033402.jpeg
アノニマスタジオの“野菜畑のレシピ”を

引っ張り出してきた。

内容はほとんど覚えてないので

ちょっとワクワクしながら

冷蔵庫の野菜室を占拠している人参レシピをば。

c0331864_21032078.jpeg

油炒めとピクルスだけ。

“レシピ”って言うの?これ。

気を取り直して

玉ねぎのページをば。

c0331864_21030337.jpeg
玉ねぎの丸焼き、

その名も“玉ねぎそのまんま”って。

たしかに、素材そのものの美味しさを

味わいたいのなら、シンプルな調理法がいちばんだろうけど。

ブツブツ言いながら

ネギのページに載ってた

“ねぎのジョン”を焼いてみたら

これが絶品‼︎

やっぱシンプルイズベストやわ〜…。



by kurasinootomo | 2017-11-23 21:40 | | Comments(0)

小雪



今日は小雪、初候。

寒さは進むものの

そこまではいかず

小春日和といわれる陽気の日がある。

c0331864_19510718.jpeg

明日の23日は

もとは新嘗祭といって

秋の収穫に感謝を捧げる日。

c0331864_19505119.jpeg

家人は畑専門なので

田んぼをしている諸先輩ファーマーから

譲ってもらう新米の味は格別。

c0331864_19503473.jpeg
10kgも頂くと

ほんと助かる。

この時期の旬の魚は“クエ”なんだけど、

そんな贅沢もなんなので

c0331864_19501133.jpeg
ビーフシチューで

温まります…。



by kurasinootomo | 2017-11-22 22:01 | 自然 | Comments(0)

首を暖かく




“真冬並みの寒気が…”というか

真冬だよ、この寒さ。

寒いの大歓迎、冬大好きだけど

寒さを感じない訳ではなく

『寒いよ〜』って喜べる変なヒトなだけです。

なので、やはり防寒は必要。

“首”をプロテクトすると

かなりイイ感じに防寒できる、と思う。

上から順に

c0331864_21334430.jpeg
ちょっと変わった編み方をした

ショートマフラー。

目が詰まってる割には軽くてしなやか

首元でブローチで留めて防寒OK。

c0331864_21332703.jpeg
次なる首は手首。

若〜い、可愛〜い女の子が

セーターの袖口を引っ張って…てな事は

真似できない(石飛礫が飛んで来る)ので

このようなリストウォーマーを。

結構暖かく、指先は使えるし

いちいち外さなくてもイイから便利。

手首の防寒OK。

c0331864_21330935.jpeg
足首は、レッグウォーマーより短めで。

まぁ、正直言うとレッグウォーマーの長さまで

編む根気が無かった、という中途半端な産物。

でも、足首丈にクシュクシュにすると

“アンクルウォーマー”にさも似たり。

暖かければよいのです。

更に厳寒、といわれるような寒さになったなら

肩、腰、腹に貼るカイロ。

あ〜、楽しみだ〜…。



by kurasinootomo | 2017-11-21 22:18 | | Comments(0)